楽天モバイルを解約し、LinksMateの eSIMへ移行したときのメモ

楽天モバイルをサブ回線として利用していたのですが、圏外が多いのとデータ契約容量が実際の利用状況とマッチしないので、eSIMが使えてデータ容量を小刻みに指定できる「LinksMate」にMNPしてみました。

  • 楽天モバイルのデータプランは「1GBまで・3GBまで・20GBまで・それ以上」で、3GBと20GBの間に大きな隔たりがあります。
  • 本来であればeSIMの雄であるIIJが同サービスを展開すべきですが、IIJのeSIMは現在のところ音声非対応です。

以下 移行時の記録です。

1.楽天モバイルにてMNP転出処理を行い、MNP番号を取得します。

こちらのページではMNP予約番号の発行方法や他社へ転出する際に確認しておきたい内容についてご案内いたします。●MNP転出の際の予約番号の発行...

MNP予約番号を取得

2.LinksMateへ申し込み

LinksMateの申込画面から必要事項を入力します。

3.本人確認書類の提出

「マイページ」からeKYCを利用してスマホで免許証の撮影と、自画像のスキャンを行います。

数時間後「【LinksMate】本人確認書類確認完了のお知らせ」というメールが届きます。

4.マイページから「申し込み完了」をクリック。続いてクレジットカードの本人認証を行う。

5.EIDの登録

  • iOS端末:[設定]→[一般]→[情報]から「EID」をコピーし「マイページ」から登録を行います。

EIDの登録作業は他のMVNO/MNO業者では必要とされない、LinksMate利用者のみ必要な手順です。

6.「モバイル通信プラン」の追加と「APN構成プロファイル」をダウンロード、インストール。

以下のページからQRコード読み取りを行います。

LinksMate(リンクスメイト)へのお申し込み方法と、商品到着後のSIMカードの取り扱い方や、apn設定、eSIMなどの初期設定についてご案内します。

[設定]アプリから、[モバイル通信] > [モバイル通信プランを追加]を順にタップし

(たぶん)こちらのQRコードを読み込めばOKです。

QRコード

またこの後スマホでこちらのページへアクセスし、「APN構成プロファイル」をダウンロードし、インストールします。

iPhoneで「PDP認証に失敗しました」と表示される時は、上記のAPN構成プロファイルが正常にインストールされていませんので、上のリンクから再度プロファイルをインストールしてください。

iPhoneで「PDP認証に失敗しました」が出た
APNが適切に設定されていないときのエラー

以上の作業で、LinksMateのeSIMが利用できるようになります。

LinksMateはdocomoのMVNOなので、つながりやすさは期待できます。

また有人チャットサポートが充実しているので、何かあったときにも安心です。

申込みから開通まで3時間ほどで移行作業が完了しました。

こちらのページを参考にさせていただきました。有用な情報をありがとうございます。

LinksMateが物理SIMなしで契約できるeSIMをスタートさせています。これまで物理SIMを使っていた筆者も、eSIMへ変更してみました。