日本株チャンネル【坂本彰】 氏の株式投資助言メルマガは儲かるのか

助言業を開始した理由について


日本株チャンネル【坂本彰】

投資系YouTuberでも有名な坂本彰氏の投資助言メルマガを1年間購読し、収支を計算してみました。

結論から言うと、以下の条件で私は利益を上げることができましたが、助言契約は更新しませんでした。

結論:試してみた結果儲かったよ!サンキュー坂本っチ(笑)

2019年11月から運用開始。

  • 手元資金100万円程度を運用し、1単元(100株)ずつ購入。
  • 私が限定的に助言株を購入しただけで、損益通算で年間24万円ほどのプラス。(助言株のすべてを購入した場合には、もっと利益が出たと思います)
  • 仕入れは、メルマガ購読費:94,800円(税込)
  • 満足のいく売買を行うためには、300万円ぐらいの手元資金が必要

以下経緯とその内容をレポートします。

メルマガの特徴

坂本氏は会社四季報をすべて読み込んでおり、おもに決算発表後の会社予想と坂本市の予想に乖離がある株を、助言株として週3社推薦してあります。

株価が上がるというのはサプライズが大きく作用する場合があり、坂本氏は「業績予想が控えめの好調な会社」をピックアップします。

毎週日曜日18時頃「今週の助言銘柄のお知らせ(○月○日配信分)」という表題でメールが配信され、各銘柄の説明、助言に至った経緯および1週間から3ヶ月の売却価格、ロスカット値が記載されています。

その内容を見て、月曜日以降の取引の判断をしていました。

手元と資金の関係ですべての推奨銘柄にはエントリーできませんでした。

気がついたこと

「月曜日の始値で買う」という条件が比較的多かったですが、坂本氏の影響力が大きくなるにつれ、月曜日の始値がピークであり、それ以降ずるずると株価が下がるパターンがかなりありました。

「頭と尻尾はくれてやれ」という格言は理解しますが、始値で約定した銘柄が毎回値下がりすることを見続けるのは辛かったです。

結果論ですが、火曜日から木曜日に買うことが正しかったケースが多々ありました。

私自身はSBI証券のIFDOCO機能を用いて、購入から売却、ロスカットまでほぼ自動で運用していましたので、本業には影響はほぼありませんでした。

メルマガには売りの目標株価として1週間から最大3ヶ月の売却価格が記入されています。

坂本氏も動画で仰っていますが、売却価格は1週間の目安で指値を入れたほうが勝率は高かったです。

3ヶ月の売買価格目安は当然1週間のものよりも高くなるのですが、資金を3ヶ月放置することになり、資金効率は低下します。

その間も毎週投資助言メルマガが来るので、満足の行く売買を行うためには300万円ぐらいの手元資金が必要になると思います。

運悪くコロナウイルス騒動に巻き込まれてしまい、2月から6月ぐらいまでは怖くて投資できる状態ではありませんでした。

しかしながら実戦経験も積みたかったので、私は坂本氏の助言のみならず、自分の判断である程度カスタマイズして運用を行いました。

例えば環境の急激な変化でロスカットされた銘柄に関して、新たに買いを入れ、自分の判断で利益を上げたことが2割程度ありました。

助言会員契約の末期には坂本氏の推奨銘柄の損失分を自分の判断で銘柄選択し、メルマガのマイナス分を補填しました。

その中での24万円の利益は満足の行くものでした。

儲かったのになぜ助言契約を更新しなかったか

上記の通り通常はほぼオートマチックに売買が進むのですが、やはり数十万の金額を数本動かしていくことは、精神的なプレッシャーとなっていきました。

エントリーすることで株価の推移が気になりますし、エントリーを見送ることで機会損失が気になります。

また不幸にして3ヶ月以内に目標金額に達しなかった銘柄の保有責任は100%自己責任になり(メルマガにも記載があります)その時点で株式市場の荒波に放り込まれることになります。

助言会員契約の末期には、日曜日の18時にメールを開くことが、辛くなってきました。

メルマガの送付される時間が日曜日の18時である点が、サザエさん症候群に拍車をかけたとも言えます(笑)

ただし上記の通り1年試した結果、まがりなりにも利益はあげられたことは事実ではありますので、助言会員の継続の是非には本当に悩みました。

メールマガジンの配信が土曜日の日中であれば、継続したかもしれません。

とうことで、主にメンタル面での条件が合わなかったため、助言会員契約の更新は一度保留としたのですが、条件が変わればまた助言会員になるかもしれません。

YouTubeで配信される動画は、毎日見ていて勉強させていただており、坂本さんの個人的な人間性は信用しております。

副次的な効果として、経済のことや会社のこと、資本についての理解度が飛躍的に高まり、社会人として成長できました。

関心のある方は、短期間の助言会員になり、実際に試してみてはいかがでしょうか。少なくとも私は利益を出すことができました。

ちなみに私はこの記事の執筆に関して、株式会社リーブルといかなる利害関係もありません。

また私はこの記事の内容に関して、いかなる責任も持ちません。

投資は全て自己責任であることを、くれぐれもお忘れのないようおねがいします。

追記:中長期助言会員になりました!

後日「中長期投資助言会員」になりました!

ゆっくり資産形成をしたい方にはおすすめです!